費用の内訳

男女

どれくらいの費用がかかるの

引越しをするのにどれくらいの費用がかかるか知っていますか。まず引越し費用の内訳は、引越しの準備にかかる費用の他に、今住んでいるところを退去するための費用や新居にかかる費用、その他にかかる費用などがあります。引越しの準備にかかる費用は、引越し業者に支払う費用や梱包資材料金、スタッフへの謝礼です。引越しの準備代をなるべく少なくするポイントは、不要な荷物を減らしてなるべく新居へ持っていく荷物を減らすことです。他にも繁盛期を避けることです。新しい生活が始まる3月や4月は繁盛期なので、なるべくその時期を避けることがポイントになります。このようなことに気をつけて引越しの準備を行うことによって、費用を節約することができます。今住んでいるところを出ていく場合は、住む前と同じ状態に戻さなければなりません。ほとんどの場合は、敷金の中で原状回復することができますが、あまりにも雑に住んでいると、修繕費やハウスクリーニング代を追加されてしまう恐れがあります。追加料金が発生しないように、日頃から丁寧に住むように心がけましょう。新しく住む場所を契約する場合も費用がかかります。新居の契約時に必要な費用は、1ヶ月分の家賃と共益費、敷金や礼金、不動産業者への仲介手数料や火災保険料、鍵の交換代です。その他引越しで必要な費用は、引越し先のご近所への手土産代や新居で必要な家具・家電などです。これらの費用がかかることを念頭に置いて引越し準備を進めるようにしましょう。